謎が解けたのです!

ゴミの集積所。
組み立て式の箱が2つある。

こんな感じものが。

でも
いつも1つしか完成されていない。

だから
いつもゴミが溢れかえっていた。

休職中だった僕。
いつも残りの1つを組み立てていた。

(1分もかからないのに
      誰もなぜやらないの!)

そう憤っていた。

復職するとゴミ出しの
タイミングは出勤のついでになった。

乗りたい電車に間に合う
ギリギリのタイミングで玄関を出る。

すると・・・
一秒でも立ち止まりたくなくなる。

だから
満杯でも強引に押し込んでしまう。

もう1つ組み立てる余裕はなかった。

そんなことに
休職中は気がつくことができなかった。

よし!!!
僕が早起きして2つ組み立ててあげよう。
そう決意してみたものの・・・

やはり強引に押し込んでいる自分がいた。

まだお店がっている

これは感動でした。

夕日があるうちに帰れる。

憧れていた生活を僕は得たのだ。
配置転換になったから。

講師職をしていた頃
コンビニ以外は明るくない。

人通りもまばらな道を
一人でトボトボ歩くのは寂しかった。

よくれる!!

毎日9:00出勤。
憧れていた規則正しい生活。
早寝早起き。

休職中、寝ようと思えば寝れるのに
できなかった。

復職してから寝付きがよくなった。

途中で起きる回数も減った。

快眠のためには
適度なストレスが必要なのかな?
と気がついたのです。

あくまでもこれは
僕の個人的な体験ですが。

体の

健康診断。
太ったのです。5Kgも・・・
その予感はあった。

鏡に映った僕。
体が一回り大きくなった気がしていた。

でも体重を測らなくなってしまった。

もう太ることはないだろう・・・
そう思っていた。

だってジムに通っているんだから。

コロナ禍で2か月休会。

自宅トレーニングはしていたが
有酸素運動は確実に減った。

もうかしたら
増えた体重は筋肉なのかもしれない。

そんな淡い希望があった・・・

ジムの体組成計に乗る。
体脂肪率が20%を超えていた。

仕事帰りにも
ジムでトレーニングしよう!!!

そう決意したのだ。

の風景

決まった時間に家を出る。

駅までの道のり
その景色が少しずつ固定されてゆく。

通り過ぎる人も
見たことある人が増えていく。

校門まであと数百mしかないのに
待ち合わせをする中学生。

少し羨ましい。

もちろん変化もある。

朝って寒いんだなあ・・・

休職中
朝から外に行くことがなかったからね。

そんなことさえ
心を動かされてしまうのだ。

電車の風景

休職中は気づかなかった。

ネクタイをしている人がいない。

もうクールビズ期間は
終わっているはずなのに・・・

うちの会社も
通年ノーネクタイに変化していた。

こんなに早く葉???

仕事に復帰しよう!!
そう決めたのは8月下旬。

7月、雨ばかりで
全然夏らしくなかった。

8月、一気に暑くなった。

この日も
汗だくでジムに向かっていた。

あれ???
もう紅葉しているの!

小さい秋を見つけた。

こんなに早く秋の準備していたなんて。

やはり世は無常である。

また僕はそう感じてしまったのです。

作:帰ってきた兼好法師
Twitter:@Kenkohoshi_R

関連記事

投稿が選択されていません