事件が発生!

すると

「犯人の動機の解明が急がれます!」

TVキャスターが
神妙な面持ちでそう言う。


でも
動機の解明ってできるの?

本当の動機なんて
犯人でさえ分からないはずだよ。

だって
感情は突発的に発生するものだから。

ヒトは
感情の発生をコントロールできない。


それを表現するのを
抑えることができてもね。

自分の感情が湧き上がった原因を
正確に突き止めるのは不可能なんです。

自分で推測するしかないのです。
  

では何故
それを解明しようとするのか?

それは
ヒトは自分が理解できないことを
畏れる本能があるからだと思う。



例えば、これ


昔の人は「神鳴り」と理解した。

他の自然現象も
テキトーに解釈していた。

竜巻もそうじゃないかな?

そうせずにいられなかったのだ!

怖くて・・・・

納得できる理由が欲しいのだ!

それは現代人も同じなんです。

なぜ
あんな残酷なことができるのか?
その理由を知って納得したいのだ。 

食も畏れる

この人の名前を漢字で書けますか?
 


そうです。

卑弥呼ですよね!

でも
こう書いたのではないか?
と言う人もいる。
 

それは

巫女

ヒミコは
日食がキッカケで王の地位に
就いたのだという説があるんだ。

日食は当時の人にとっては
相当な恐怖だったと考えられますよね。

※どのような経緯があったのかは
 この記事の最後にある関連記事を
 ご覧ください。   

座も同じ・・・

星も不思議だったんだろうね。

星座の物語を作る。
それはロマンティック。


夜空に浮かぶ星座を見る。

でも、さあ~~~

これがさあ~~~



なんで
こんなふうに見えたの?

昔の人は???


絶対に
 

絶対に!

その形には見えないよ!!


どこをどうやって見たら
そんなふうに見えるの???

ビックリなんです!


でもね。

僕は
古代人の想像力に感心するんだ。

現代人にしっかりと
その物語が受け継がれているからね。


志望動機だって同じじゃないかな?

本当の事を言っている人いる?

フィクションを織り交ぜた
ストーリーを展開しているだけ。

いかに
御社に入りたいのかという・・・  

就活生という
知との遭遇・・・


面接官と就活生は
初対面であるのが普通だ。

とすれば

面接官にとって
就活生は未知の生命体である。

当然、恐怖の対象となる。

だから
就活生が
何者であるか知りたいのです。

面接官が納得できる
人物像を作り上げて欲しいのです。

たとえ
それがウソでもいいのです。
論理的に破綻していなければ・・・

だから
コミュニケーション能力が高い
就活生が有利になってしまうのだ。


犯人の動機も
捜査機関が作り上げた
ストーリーなんですよ。


雷を「神鳴り」と考えたり
星座の物語を作ったりするのと
大して違いがないのです。 

例えば
こんな感じで・・・

2XXX年
肥満が新設される

これにより
身長を基準とした体重制限が
設けられるようになった。
  

これを食べて
制限体重をオーバーし
逮捕された容疑者がいた。

 

警察官
「なぜカツ丼を食べたのか?」

容疑者
「ただ食べたかっただけですよ!」

警察官
「ウソをつけ!
 何か理由があるはずだ!」

容疑者
「何もありませんよ・・・」

警察官
「まあいい・・・
 ところで最近変わったことはないか?」

容疑者
「そう言えば彼女にフラれました・・・」


警察官は
ニヤリとし取り調べを終えた・・・

容疑者は起訴され裁判が始まる。


検察官は起訴状を朗読する。

「被告人は彼女から別れを告げられた。
 でも、彼にはまだ未練があった・・・
 彼は思い出したのです。彼女の言葉を!

『私、実は太っている人がタイプなんだ』
 
 だから彼は効率良く太るために
 敢えてカツ丼を食べたのです!!!!」
 


これが本当の 

脂肪動機

   

第八三段

作:帰ってきた兼好法師 
Twitter:@Kenkohoshi_R

併せて読んでもらえると嬉しいです!

卑弥呼=天照大神?

その仮説を紹介します。あまり興味のなかった古代史を面白く感じた僕のキッカケです。

関連記事

「実家は敷居が高いんだよね」は正しい表現になる場合がある

辞書に載っている意味に驚くことは間違いなし?「穿った見方」についても解説しています。

この記事を読む
【意外な事実】日本は世界有数の豪雪地帯なんです!

四択クイズに挑戦しませんか?

この記事を読む
ダイエットが失敗するたった1つの理由

ダイエット器具を片付けるな!

この記事を読む
【運命と感情の関連性】人生に分岐点なんてない!僕がそう考える理由

「運命」とは何か?を考える

この記事を読む
結婚式での「手紙」に異議アリ!  

感動の押しつけ?

この記事を読む
「許す」とはどういうこと?記憶と感情について

ヒトは永遠に許すことができない

この記事を読む