「二人で暮らそうよ!」

当たり前のように僕に言ってきた。

全く考えもしなかったこと。


でも
僕はそれを受け入れた。

心のどこでJとの結婚を考えた。

もう結婚してくれる
女性は彼女しかないかも・・・

そんな諦めもあったのかな???

彼女との

異性との二人旅。

何回かしたことがある。


部屋で食事。

目の前には彼女がいる。

ふと一世を風靡した
元芸人さんの言葉を思い出す!

もっと
素敵な女性に出会えるのでないか。

この料理がもっともっと
美味しく感じられるような・・・

そんな失礼なことを考えてしまう。

連帯保証人の

新居探し。

新築のオシャレな物件を見つけた。


一つ問題が・・・

僕とJ
それぞれに連帯保証人が必要だった。

僕は公務員の弟になってもらう。

彼女は父親に・・・


でも、なってくれなかった。

僕の保証はできないと言う。

分かっていたけど、意外とショック。

やはり
公務員パワーはスゴイ!!!

弟一人でO.K.になった。

もない部屋を

自分のたちのもので埋めていく。

一人暮らしの時とは比べ物に
ならないくらいの開放的な空間。

窓があまり大きかったこともある。

だからカーテンも特注。

それがない日がしばらく続いた。

でも
部屋を自分好みにする
喜びを再び噛み締めていた。


(彼女の部屋の照明はどうしよう?)

Jの部屋のことまで
僕は干渉しようとしてしまった。

彼女は
資産家令嬢にもかからわず
金銭感覚がしっかりしていた。

安っぽいものを
勝手に?買ってくる危険性があった。

それは絶対イヤだった。

インテリアは僕好みにしたかった。

生活がスタート

ソファーに二人で座りTVを見る。

これが日常になった。

僕はお茶が大好きだった。

JALのファーストクラスで
提供されているワインボイル入りの
高級水出し茶が紹介してされていた。

「これ飲みたい!!買おうよ!!」

「ダメよ。高いすぎる!!!」

一人暮らしだと
自分の行動を誰も止めてくれない。

そう言ってくれたことが
何だか心地良く感じたのだ。

久しぶりの

やはり家で僕の帰りを
待ってくれている人がいるのは

       ・・・幸せだった。

オーブンで
バターロールで焼いてくれる。

晩御飯も温かい。

でも
幸せは時間が経つと当たり前になる。

感謝の気持ちがなくなる。


やがてJは就職した。

彼女だって
料理する気力がなくなる・・・

その変化を僕を
怒りとして溜め込んでしまったのだ。

ざけんな!!!

僕はJの実家に
挨拶に行きたいと申し出た。

けじめをつけるため。

僕という
人間を知ってもらいたかった。


でも断られた・・・

それだけではない・・

Jは言う。

「そう言えば
 妹の彼氏がうちに来たんだよ!」

当て付けかよ・・・

多分Jに悪意はない。
ただ事実を報告したに過ぎない。

しかし
彼女のご両親への憎悪は
より一層激しくなっていった。


そして
彼女との結婚は現実的ではないと
思うようになっていく・・・

作:帰ってきた兼好法師 
Twitter:@Kenkohoshi_R

記事

【徹底解剖】『失恋した男』が元カノに連絡してしまう習性

『彼女なし』という状態を1秒でも短くするための男たち熱き闘い!元カノが今でも自分のことが好きだとそう信じたいのです!この気持ち、分かってもらえますか?

この記事を読む
【クリスマス】『彼女あり→クリスチャン』『彼女なし→仏教徒』に俺はなる!

『クリぼっち』は罪ですか?(笑)

この記事を読む
【破局への道】『小さなすれ違い』が『大きな不信』になっていく

塵も積もれば山となる??

この記事を読む
【俺はイケメンになる!】そう必死だった青春の日々

みなさんは思ったことはありませんか?眼鏡を外してコンタクトレンズにすればモテるかもと・・・でも待っていたのは笑劇の現実!

この記事を読む
【絶望】登校途中に見た!『失恋の残酷すぎる現場』

一番見たく光景が・・・僕の目の前に。「あの子が僕のことなんて好きになるわけない」そう諦めていた。でも誰の彼女になって欲しくないんだ。そう心の中で叫んだ、ほろ苦い思い出。

この記事を読む
【まさに身勝手!】僕が彼女への愛が冷めた理由とは?

愛は永遠に続かないもの??

この記事を読む
【激しく迷う】『意中の女性』が僕の部屋で酔ってベッドの上にいる!

それは千載一遇のチャンスなのか?

この記事を読む
眼鏡を外せばモテる!それは勘違いだった…

衝撃の結末に涙する!笑いすぎて

この記事を読む
【これって脈アリ】キミがつけたLINEの♡を見てココロが激しく揺さぶられる

僕の悲しい経験を綴ります…(笑)

この記事を読む