僕は塾講師だったけど
営業電話も重要な仕事だった。


だから
それをする人の気持ちが
少しだけは分かる。 

資料求しただけなのに

40を超えた僕。

少しずつ
結婚に対する焦りが出てきた。

マッチングアプリでは
詐欺の被害に遭いそうになった。

だから
有名な結婚相談所に
とりあえず資料請求をしてみた。  


すると、すぐに

電話がかかってきた!

まずは資料請求のお礼。

そして
「〇〇さんが
『あなたと
 出会えることを楽しみにしています!』

 こんなメッセージを頂いております!」


(・・・・・かなり怪しいぜ!)


「いかがでございましょう。
 こちらにお越し頂けないでしょうか?」 

「実際にお会いした方が
 詳しいご説明ができるかと思います!」


「○○様は
 平日と休日のどちらが
 ご都合がよろしいでしょうか?」

  

出た~!!

必殺!
行かない選択肢を与えない作戦!!

ここは
スゴイ営業をかけてくると直感した。

(暇だから乗ってやるか!)

「平日です」

「で、ありましたら
 本日ちょうどカウンセリングの
 空きが出まして・・・」

 
「通常ならば
 早くても1か月先なんですよ。
 今日いかがでしょうか?」


(ウケる。・・・ウソつけ!!!)

「へ~~~
 そうなんですか。それはついてますね。
        では、本日伺いますね」
  

僕の塾でも
資料請求があったら
郵送せずに会うアポをとれ!

という指導があった。

少しは興味が
あったので行くことにしたのだ。 

女性が男性にめるもの

「それが何がご存知でしょうか?」

いきなり相談員に言われた。

「え~~~何でしょう?
 やっばり経済力ですか?」

「いや違うんですよ!それは」
     
  


なんとなく分かる気がした。

アンケート結果の
円グラフを見せられた。

(確かにね・・・) 

ディスられる・・・

「○○様
 もう40を超えてらっしゃる・・・

 その前に来て頂ければ良かったのですが。
 正直厳しい戦いとなると思います」


「一応ご希望の条件でお調べしますが
 ヒットする件数は少ないと思いますよ」



(やはり。遅いよな・・・・)


「あれっ?
 意外とヒットしましたね・・・」



(こいつ、やるな・・・)

一旦、期待値を下げることで
希望をより強く持たせるテクか! 

が高い・・・

これを見た瞬間。

(入会するのは厳しいなあ)

(毎月こんなにかかるの!)

(払えなくはないけど・・・)


自分の
プロフィールを
作るのも面倒くさい。

指定された写真館に
行かなくてはいけない。

そこは
僕が就職活動で利用した
有名なお店だった。

「○○様の場合
 普段通り写してもらえば
 十分魅力が出ると思いますよ!」


僕を持ち上げる。

「ただ
 眉毛を手入れすれば
 もっと印象が良くなりますよ!」


ただヨイショするだけではなく

しっかり
修正点を言うことで言葉に説得力が出る。

やり手な相談員だった。


ただ
このアドバイスは実際役に立った。

僕は
この日以降しっかり眉毛を
整えるようにした。  

い込みが始まる!

まずは料金の正当性。

マッチングアプリとは違い

身元がしっかりした人しか
登録できないこと。

男性と女性の料金が同じであること。

出会えるイベントの多さ。

そしてフォロー体制などを説明。


そして最後に

「○○様、思い出して下さい!」

「女性が男性に求めるものは
       何でしたっけ?」


「決断力!!」

「そうです!
 今、決断しましょう。

 ここで決断力をつけましょう。
 それで幸せに大きく近づけます!」

 
 

見事に伏線を回収された。

(でも・・・高いよ!)

だから
入会することは絶対にない!

そう決断した。

はっきり断ることだって
決断力が必要でしょ・・・(笑)

やっぱ
マッチングアプリだね。
以前にも使ったことあるし。


しかし
その必要はなかった。

「しばらく距離を置きましょう・・・」

そう僕に言った恋人に

このエピソードを話した。

 


しばらくして


彼女のココロは

僕の元に戻ってきたのだった。

作:帰ってきた兼好法師
Twitter:@Kenkohoshi_R

記事

【ウソだろ!】『僕との結婚』を諦めた『僕の婚約者』
【同棲生活】ワクワクからマンネリに至る、その過程とは?
【悲劇への序章】マッチングアプリで始まった僕の『恋の残酷物語』
【ご注意を】マッチングアプリ詐欺の手口を紹介します!
【悲運】プロポーズ成功が『不幸への扉』だった!
【破局の予感】君と『笑いのツボ』が合わなくなる
【婚約指輪購入】絶対に押さえたい!たった1つのこと
結婚できると思っていた僕が君に裏切られた話