21世紀


それは
小学生の僕にとっては
想像の世界でしかなかった・・・


こんな未来予想図を描いていた。

それぞれの年代の自分の姿を
こんな感じで!


20代になったら・・・


30代になったら・・・


40代になったら・・・



女性のことばっかじゃん!!

で実際に
40代になってみると。


フシギなことに・・・



      


なぜだろう・・・(笑)


よくそんなこと言えるなあ!
と思ったあなた。

鏡で自分の顔をよく見ろ!
と思ったあなた。

でも
残念~~~


僕はなるべく
鏡を見ないようにしてるんです!

現実を見ないようにしてるんです。(笑)

だって
ショック受けるでしょ!  

頭の中で
ケメンな自分をイメージ!

俺はイケてる!

そう思うことで
内面から自分を輝かせる作戦!


バカか!!!

はい!バカです。
何とでも言って下さい。(笑)



鏡の代わりによく使うのが
何も映っていない

スマホ画面(笑)


銅鏡かよ!!!

弥生時代にタイムスリップ

卑弥呼さま~~~


僕が年齢を重ねるにつれ

そして
付き合う女性が変わるたび

当然
相手との歳の差が開いてくる・・・



でも
なぜだろう・・・


相手のご両親は
僕たちが交際することを

猛反対するんだ・・・

日本国憲法第24を見よ!

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。


両性の合意のみ・・・

なんて嘘じゃん!!!


民法でも
父母の同意が必要なのは
未成年の場合のみでしょ!
(民法737条)


日本は法治国家じゃないの?

守ろうよ・・・



会ってもくれなかったよ。
ご両親は。

一度もね・・・ 

僕は犯罪者なのですか?

年齢が離れた彼女と付き合うのは

       

なんで年の差
開いているとダメなの?

だったら
法律で定めてくれよ!!!

一〇歳以上
離れている場合の婚姻

これを認めず

まあ
憲法違反の法律に
なる可能性が高いから

まず憲法改正が
必要になるかもしれないけどね。



もちろん
君と過ごす将来も楽しみだよ。

でも

君と過ごすという瞬間も
とっても大事なんだ!

仮に
君の余命が
幾ばくも無かったとしても

君と結婚したかったんだよ。

こんな僕でも
初めてそう思えたのに・・・



それになんで

君たちは
僕の方が君より先に死ぬって
決めつけるの? 

なないよ。
君が死ぬまで・・・僕は。

ずっとずっと
そばにいるから!!!

いつまでも
若々しくいるから!!!!

美しく輝く
君の隣にいても
恥ずかしくないようにね・・・

そう思っていた。 

なのに・・・ぜ!


一緒に戦い続けてくれなかったの?

なぜ
ご両親を説得するのを
諦めてしまったのか!!!!

予想もしない展開だった・・・


歳の差が開くにつれて
婚約への道も険しくなるのかな・・・

第三四段

作:帰ってきた兼好法師 
Twitter:@Kenkohoshi_R