20年ぶりにラジオのスイッチをつけた。

あるアイドルの最後の声を聴きたくて・・・



(素麺屋さんをやりたいのか~~
 僕は冷麦のほうが好きなんだけど)

(CEOが3人も・・・)

(メインターゲットは女性?
 それじゃ行けないじゃん!!!)

架空のお店の話なのに・・・
ガッカリしている自分がいる。



放送はあっさり終わってしまった・・・


なんだろう。

この虚無感は・・・

二度と彼女の声が聴けないんだ・・・

これは

小学校を業した時の

あの切ない感情に似ていた。

(もう、あの子に会えないんだ)


地球上の、いや同じ市内の
どこかにいるはずなんだけど
つながりが切られてしまったような・・・


告白しておけば良かった


なんて絶対に思えない

結果は明白だったから。。。


小学生の時の
好きな人に対する思いは

胸に秘めておくしかなかった。
(この後もそうだったんだけど)



やがて
その好きの熱量は消えてしまう。

そして
恋愛アルバムという
記憶の中にしまわれる。  

時間は冷シート?

時間には
熱を冷ます効果があると思う。

それが
アイドルだった彼女に
平穏をもたらしてくれるだろう。


1人のアイドルの卒業によって

小学生時代の片想いを思い出す。

懐かしく、切ない記憶。


そして
当時流行った、あのお菓子が

無性に恋しくなった。

ねればねるほど色が変わる。

ねっておいしい
        あの味を。

イドルって大変!

アイドルには
「好き」が雨あられのように降り注ぐ。


しかも
「好き」という表現方法は

十人十色

なんかこの言葉では
表現しきれないような
気がしてしまうんです。     


昔のアイドルは
気軽に会える存在ではなかった。

遠くで眺めているだけだった。
    
でも
それで十分だった。


昨今は
SNSがこれほど発達してしまい
握手会もある。


アイドルとの距離感が劇的に変化した。


数え切れない程のファンの「好き」を
全て受け止めなくてはならない。


その苛烈さは
想像だにできない・・・



アイドルである彼女らの涙を

ドキュメンタリー映像等で
見ることがある。



しかし、それは

見せることのできる涙

            なのだ。

想像するに
見せることのできない涙を
たくさん流しているのでしょう。

アイドルは

それでも
ステージに上がれば
全力の笑顔を見せてくれるのだ。

プロ根性

まだまだ若いのに・・・
          すごいよ。


ドキュメンタリーは
事実の一部でしかない。

24時間密着していないんだから。


しかも
ディレクターに編集されている。

視聴者の
がどうしても欲しくて

アイドルではない
その人が必死で想像した
アイドルストーリーなのだ。

だから
飛ぶ鳥を落とす勢いのアイドルに
こう言われてしまうのだ。

   




アイドルなることが夢だった彼女ら。

でもアイドルになった
嬉しさより苦しみを味わう人が
増えてきているような気がする。

これも
僕が想像した世界に過ぎないけどね。


アイドルを守る体制を
しっかり整えてあげてほしい。



事件が起こってから対策を考える

そんなことがなくなるといいな・・・




せっかく
人気アイドルグループの
一員になれたのに

名前を知られていない人が
たくさんいる。

オリンピックもそう。  

オリンピック選手の

出場できただけですごいのに。

世間の人はそうは思わない。
メダル獲得を期待しているのだ。
僕だって、そうです・・・

    



今日も聞こえてきたよ。
TVから明るい声で!


1位になったとしても
必ずしも人生が
バラ色になるとは限らない。

逆のケースもある。


何が成功なのか
何が幸せなのか

いつの世でも難しいですね。

第二三段

作:帰ってきた兼好法師 
Twitter:@Kenkohoshi_R

関連記事

【愛情が空回り】初彼女への『衝撃』の初プレゼント!

好きな人のためにプレゼントを選ぶ、そんな幸せな時間を僕は天から授かった。でも見事に空回りしてしまった僕の苦い思い出…

この記事を読む
【これって脈アリ】キミがつけたLINEの♡を見てココロが激しく揺さぶられる

僕の悲しい経験を綴ります…(笑)

この記事を読む
【意外】ご存知ですか?「覆水盆に返らず」の元々の意味を!

「覆水盆に返らず」というのは故事成語なのです。それが出来た驚きのエピソードを紹介します!実は『封神演義』で呂尚(太公望)が関係しているのです。是非ご一読下さい。

この記事を読む
君と別れた僕は新しい出会いに期待する!

「運命の人」は一人ではないよ!

この記事を読む
眼鏡を外せばモテる!それは勘違いだった…

衝撃の結末に涙する!笑いすぎて

この記事を読む
あるアイドルの卒業で小学生時代の片想いを思い出す

淡い恋が蘇る

この記事を読む