小学生低学年までの夏休み。

家でお昼寝をさせられていた。

早く外に遊びに行きたいのに。

だって、全く眠くないのだ・・・

しかし
いつの間にか寝てしまうのだ。

僕の隣で母が絵本を読んでくれる。


花咲じいさん、舌切り雀

アラビアンナイトなど・・・

それが楽しみだった。

「今日はこれ読んで」

小川未明の童話を渡した。

何度も読んでもらっているから
結末は分かっている・・・

なのに
母に読んでもらいたくなるのだろう?

不思議ですね~

するにつれ

忙しくなっていった。

昼寝をしている暇がなくなる。

すると

(なぜ
 あの頃は昼寝が嫌いだったんだろう?)

不思議に思ってしまう。

昼寝は僕に
幸せをもたらすようになっていた。

あんなに
自由に寝られていた頃が懐かしい。

が苦手

成績がかなり厳しい子の
家庭教師をしたことがある。

「字幕映画が無理~~~」

と言っていた。

それが表示されている
時間内に理解することができないのだ。

音読と

僕は塾講師をしていた。

文章内容を
把握できない一つの原因が斜め読み。

それを
改善する方法として音読が挙げられる。

もちろん
家でしかできないが・・・。

僕も読書していて
内容が入ってこないことがある。

集中を妨げる要素がある時。

例えば、心が乱れているなど・・・

そう考えると
黙読って意外と
高度な技術かもしれないと思う。

読み聞かせの

僕は本好きになった。

国語も得意科目になった。

でも
読み聞かせとの
因果関係は検証しようがないと思う。

でも
僕にとっては
それは至福な時間だった思う。


よく考えてみれば

口から発せられた
音声を記号化したのが文字である。

だから
耳から方が言葉を理解しやすいだろう。


大好きな
母の声での読み聞かせは

本の世界に引き込む
効果が絶大なのかもしれない。

作:帰ってきた兼好法師 
Twitter:@Kenkohoshi_R

!家族記事

お母さんが「勉強しなさい!」と言うタイミングは最悪?

「今まさに勉強しようと思っていたのに…」「あ~あ、やる気がなくなった…」そんな経験ありませんか?なぜ、そんな現象が起こるのか徹底検証した!

この記事を読む
【反抗期】僕は『父を抹殺』したいほど憎かった!

【父への畏敬と憎しみ】中学生の頃から「父と一緒の空間にいる」それだけで無性にイライラした。そんな憎たらしい父に腕相撲で勝った日のこと。僕に理解しがたい感情が湧き上がった中学生の時の記憶。

この記事を読む
駅のホームで何が?「育児に疲れ果てた」お母さんがいた…

夫は子育てを「手伝うもの」。それがイクメンの条件だと思っていました。それは全く違うのですね…「働くママ」の苛酷さを見た衝撃!!

この記事を読む
わが子に『中学受験』させるのは親のエゴですか?

無理やり中学受験をさせられた僕。母を恨みました。皮肉なことに塾講師になって『お母さんたち』の苦悩を知ることになった僕の経験。

この記事を読む
オヤジ、そろそろ自転車に乗るのやめたら?

自転車だって危ないと思う!!

この記事を読む
【それが憎しみに変わる】父を超えられないと悟った時

僕は父親になれないと思った・・・

この記事を読む
【郷愁】田舎に行く高揚感を思い出してみませんか?

新幹線に乗る=テンションMAX

この記事を読む
「父の奴隷なの?」母に抱いた子の感情は過ちだった…

父は亭主関白でした。横暴な父と従順な母。母は父の奴隷ではないか?そう思うことがありました。でも僕が父の母への愛を知るのです。

この記事を読む
【認知症対策】70過ぎた母に漢字とスマホを教えようと思ったワケ

老いた母に教えるのは大変・・・

この記事を読む
【楽しみ】母との買いに行き、ショッピングカートを押す

母と行く買い物の楽しみとは?

この記事を読む
【理由なき反抗】ニートな僕。母に一喝される!!

予想外の母に怒りに驚く!!

この記事を読む