その女性はホームに立ち尽くしていた

ベビーカーに
泣き続けるわが子を乗せて。

ベビーカーとお母さん


電車内での
冷たい視線に耐えきれず

降りるはずではなかった駅で

追い出されるように
下車したのでしょうか・・・

僕は想像するのです。 

わが子を育てる酷さを

授乳、おむつ交換、夜泣き

もう寝たいのに眠れない。

ようやく眠れたと思ったら起こされる。

子育てに悩むお母さん


わが子なのにかわいくない・・・

そう感じる瞬間があって当然ですよね。

しかし
そんな自分を責めてしまうのです。

なんてダメな母親なんだろう・・・

こんなこと思ってしまってゴメンね。


やっと手がかからなくなったら
やってくる反抗期

なんて母親って
大変な仕事なのでしょう。

なんで
自分を苦しめることもあるのに

わが子に最大限の情を
注げるのだろうか?

これが本当の親バカなのかな?

だから
こんなシーンを見ると
僕の心は柔らかくなるのです。

ベビーカーの赤ちゃんをあやすお母さん

 
僕は子育てをしている人たちに
敬意を表します。

育児のてを妻に任せる夫

もし僕が結婚して
子どもが生まれれたら
そうなっていたかもしれません。

かつて僕は妻になる人に
専業主婦になってもらいたい
思っていました。

子どもが学校から
帰ってきた時、誰が待っている。

そんな家庭が理想だなあ。

そう考えていたのです。

僕の母が専業主婦だったことも
影響しているかもしれません。

でも
実際に就職してみると
自分の年収では共働きではないと
やっていけない・・・

そんな現実が待っていました。

共働きでも僕は育児を
手伝えていたのでしょうか?

夫が育児を『伝う』
その姿勢がダメでしょう

最近、気づいたのです。

育児は手伝うものではなく
一緒にするものであることを。

だから僕は
結婚できなかったのでしょう(笑)。

子育ての大変さを
全く分かっていなかったのです。

僕の職場には
子育てをしながら
働いている女性が多数います。


ある日の朝のこと。

会社の
玄関付近で「おはようございます」

そう声をかけてきた
女性がいました。

僕の隣に
座っている方でした。

その恰好に驚いたのです。
  

赤ちゃんを抱っこするお母さん


(この人はお母さんなんだ・・・)

頭では分かっていたつもりでした。

でも
この人は毎日こんな小さな子を
抱っこして出勤して

会社近くの
保育園に預けているのか!!!

その現実を目の当たりにして
  

ハンマーで叩かれる男性


衝動を受けたのです。

「子どもが爆睡しちゃって。
 保育園に連れていけないんですよ」


そう明るく話す彼女に対して

僕は軽く会釈することしか
できませんでした。

リアルな「働くお母さん」と
お気楽な自分との格差に

この上ない
恥ずかしさを感じたのです。

作:帰ってきた兼好法師
Twitter:@Kenkohoshi_R

!家族記事

お母さんが「勉強しなさい!」と言うタイミングは最悪?
【反抗期】僕は『父を抹殺』したいほど憎かった!
わが子に『中学受験』させるのは親のエゴですか?
オヤジ、そろそろ自転車に乗るのやめたら?
【それが憎しみに変わる】父を超えられないと悟った時
【郷愁】田舎に行く高揚感を思い出してみませんか?
「父の奴隷なの?」母に抱いた子の感情は過ちだった…
【認知症対策】70過ぎた母に漢字とスマホを教えようと思ったワケ
【楽しみ】母との買いに行き、ショッピングカートを押す
【理由なき反抗】ニートな僕。母に一喝される!!
【お昼寝】母の『読み聞かせ』が懐かしい