視力が急に悪くなったのは小6の頃。

受験生だったけどガリ勉ではない。

やはりゲームが原因なのか

それとも母からの遺伝なのか・・・

「メガネをかければいいじゃない」

と母は言う。

「そういう問題ではない・・・」

と父。

視力が良いことが必須である
仕事に就いていたからかな???


視力回復のために数週間通院した。

僕もそれを望んだ。

さらに恰好悪くなることを怖れた。
イケメンではない自覚はあったからだ。

もちろん効果なし・・・

母とメガネを買いに行く。

どのメガネをかけても似合わない。

母に決めてもらった気がする。

眼鏡ビュー

学校に『新しい顔』で登校した。

「あれ、メガネにしたの?」

プラスでもマイナスでもない
評価がちらほらあっただけ・・・

その程度の関心しか持たれていないのだ。

も・・・

高校時代。

制服のない学校だった。

母が選んでいたものを着ていた。


「今日どうしたの?」

僕のファッションを見た友人が言う。

近くの女子が笑いをこらえている・・・


一人で服を買いにいけなかった理由。

オシャレするのは恰好悪い
というヘンなプライド。

話しかけてくる
店員への防御法を習得できていなかった。


今でも解消できたとは言えない。
彼らと会話すると汗が噴き出ることがある。

型のオーダー

確か小学低学年まで
近くの理容室にいっていた気がする。

何も言わなくても勝手にやってくれる。

終わった後にお菓子をくれた。

肩を揉んでもらったことがある。
(子ども料金だとないサービス)

子どもながらに
めちゃくちゃ気持ち良かった記憶がある。


そのお店は遠くに移転。

母に髪を切ってもらうようになる。
500円もらえるのが嬉しかった。

それが高校卒業まで続いた理由。

髪型の希望をお店の人に
どう伝えればいいのか分からなかったから。



中学時代
センター分けの髪型が流行っていた。

ムースなどを使って友人たちはキメていた。

僕も挑戦したが上手くいなかった。

母の

座っている母。その前に立つ僕。

ある夏の日。

母が僕のワキを見て言う。

「あなたは横綱級だったわよ!」

毛深いのが僕が悩みだった。

ワキは見えないからいい。


問題は足だ。

スネ毛も気になる。でも、それ以上に

中学校の体育祭。

僕はリレーの選手だった。

スタート地点につく僕。

自分の後ろ姿が
気になってしようがない。

なぜ???

ももの裏が・・・

(なんで僕だけ
 びっしり生えているんだろう?)

お風呂場でオヤジの
カミソリで剃ったこともあった。


でも

湯船に細かな毛がたくさん浮いていた!

(証拠を隠滅しなければ!)

それを掬う処理が本当に大変だった。

だから剃るのを諦めた・・・

ンプレックス

その名の通り複雑なんだ・・・

確かに外見にコンプレックスはある。

でも
絶望ばかりしているわけではない。

自信を持つ瞬間もあったのだ。

いつか
僕のことを『下の名前』で
呼んでくれる彼女ができるはず。


そして
彼女は僕にメロメロになるんだ。

好きなあの子が
僕以外の男性と歩いているのを
目にしても

そう自分を奮い立たせるのだった・・・

作:帰ってきた兼好法師 
Twitter:@Kenkohoshi_R

記事

【徹底解剖】『失恋した男』が元カノに連絡してしまう習性

『彼女なし』という状態を1秒でも短くするための男たち熱き闘い!元カノが今でも自分のことが好きだとそう信じたいのです!この気持ち、分かってもらえますか?

この記事を読む
【クリスマス】『彼女あり→クリスチャン』『彼女なし→仏教徒』に俺はなる!

『クリぼっち』は罪ですか?(笑)

この記事を読む
【破局への道】『小さなすれ違い』が『大きな不信』になっていく

塵も積もれば山となる??

この記事を読む
【同棲生活】ワクワクからマンネリに至る、その過程とは?

一人暮らしが長いと癒しが欲しくなる・・・非日常にワクワクする。でも、それがいつか日常に変わる。そして摩擦が生じるようになってしまうのだ。

この記事を読む
【絶望】登校途中に見た!『失恋の残酷すぎる現場』

一番見たく光景が・・・僕の目の前に。「あの子が僕のことなんて好きになるわけない」そう諦めていた。でも誰の彼女になって欲しくないんだ。そう心の中で叫んだ、ほろ苦い思い出。

この記事を読む
【まさに身勝手!】僕が彼女への愛が冷めた理由とは?

愛は永遠に続かないもの??

この記事を読む
【激しく迷う】『意中の女性』が僕の部屋で酔ってベッドの上にいる!

それは千載一遇のチャンスなのか?

この記事を読む
眼鏡を外せばモテる!それは勘違いだった…

衝撃の結末に涙する!笑いすぎて

この記事を読む
【これって脈アリ】キミがつけたLINEの♡を見てココロが激しく揺さぶられる

僕の悲しい経験を綴ります…(笑)

この記事を読む