小5のある日のこと。

「先生の家に遊びに行こう!」

そう友達と約束したのです。

クラスの他のグループの子たちが
先生の家に入ったと自慢してきたのが
きっかけだったと思います。

不思議なんですよね。

異様にテンションが上がったのです。

先生だって人間です。

どこかで日常生活を
送っているはずなのです。

でも
家にいる先生の姿を
全く想像できなかったのです。

先生の別の一面を見られるかも?

そう思うとワクワクしたのです。

先生の家に着!

確かに
先生の苗字の表札がありました。

インホーンを押したのです。

不在でした・・・(笑)

アポなしの訪問だったので
当然と言えば当然の結果なのです。

なぜか会えると思っていたのです。

だから凹みました・・・

その帰り道でした。

僕たちは
河川敷を自転車で走っていました。

誰かが言ったのです。

「ションベンがしたい・・・」

そこで、みんなで立小便をすることに。

互いに離れた場所で
ミッションを遂行しました。

あれ・・・・???

自分のイチモツを
見て違和感がありました。

違和感の体とは?

これは幻に違いない!

そう思いたかったのです。

僕はそれを引っ張ってみました。

もちろん抜けません。

ショックでした・・・
かなり。

しかも結構な長さだったのです。

まあ
あまり注目する場所では
なかったからかもしれません。


みなさん、どうしたか?

これで大人の体に近づけた!
喜びましたか?

僕はこの事実を
誰にも知られたくありませんでした。

幸いなことに
林間学校という小5の
宿泊イベントが終わっていました。

でも
小6になったら
修学旅行があるのです。

アソコのを剃る!

修学旅行まで、あと1か月。

この毛を隠蔽せねば・・・

そんな焦りが生じました。

オヤジのT字カミソリを使って
剃ってみました。

ダメした。

剃った後が
不自然に青々としているのです。

髭が濃い人(僕もそう)が
剃った後みたいになりました。

こりゃ ダメだ・・・
タオルで隠すしかない!

そう腹を括ったのです。

隠蔽敗す!

ついにその日が来たのです!

僕は脱衣所で周りを見回しました。

誰も生えていない・・・

絶望的な気分になりました。

もしたかしら
ちょっぴり生えてきた人が
いたかもしれません。

でも確認できませんでした。

僕のモノには
鬱蒼と生い茂っているのです。

あの毛が・・・

幸いなことに
僕の変化に気づくものは
いませんでした・・・

が!!!!

湯船に入る時は
タオルをとらなくていけません。

その瞬間、視線を感じたのです。

一人の生徒が
僕の茂みを見て呆然としました。

し、しまった・・・・

学校のトイレで
大便をしているのを見られた
そんな気分でした。

「お前、チ〇毛
 生えているんだって!!!」

そう、からかわれてしまうか・・・

見られたのは彼一人。

たった一人でも
噂は広まってしまうだろう・・・

僕の未来は真っ暗だったのです。

あそこに毛が生えただけで。

でも、その心配は杞憂でした。

目撃者の家にびに行く

彼の弟が僕に言いました。

「チ〇毛、生えているの?」

僕は激しく動揺し
何も答えることができませんでした。

その一言で全てを察したのです。

彼は自分が目にしたものを
家族に詳細に報告していたのだと!

それほどの
大ニュースだったのでしょう(笑)。

「お前、変なこと言うな!」

その弟は
焦った兄に叱られていましたね。

初めて見た体の

不思議なことに
自分のワキ毛を初めて
発見したことは覚えていないのです。
多分、中学生の時だと思いますが・・・

あの事件の後
変声期などの大人の体への
様々な変化が見られていたのに。

チ〇毛が生えた時の
ような衝撃はなかったのです。

それが初めての
変化だったかもしれませんね。

大人に近づくことに
なぜか恐怖を感じていたのです。

いつもまで子どものままでいたい。

そんな感情が
僕にはあったのかもしれません。

作:帰ってきた兼好法師
Twitter:@Kenkohoshi_R

!学校関連記事

【意外な視点】僕が考えた『身も蓋もない』勉強する理由とは!

「ヒトが『ベンキョウ』すること」と「イヌが『お手』を覚えることは同じである!誰も聞いたことがない『衝撃の勉強論』とは?

この記事を読む
無謀な挑戦
帰宅部だった僕。ラグビー部創設にトライする!

「マスコミの力を使うことが努力と言えるのでしょうか?」あるラグビー専門誌の記者から届いた手紙。夢は砕け散った…約30年ぶりにその手紙を読んだ僕。その記者の『真の想い』を知ることに!

この記事を読む
【小学校】マラソン大会で父を見た!

短距離でダメなら長距離で頑張るしかありませんでした。マラソン大会で父を発見した時の喜びを思い出しました。

この記事を読む
【小中学校の苦行】『読書感想文』を強制的にやらせるな!

【原稿用紙が埋まらない恐怖】読書は嫌いではなかったけど、本当に読書感想文は大嫌いでした。全然、原稿用紙が埋まらない、あの絶望感は思い出したくはありませんね。

この記事を読む
【陸上大会】スポーツ駄目男が起こした『奇跡と悲劇!』

スポーツ万能少年との代表争い。なぜか僕が勝利。でも『衝撃の結末』が待っていた!先生はなぜ僕を選んだのでしょうか?

この記事を読む
【人生最恐体験】『カツアゲ!』千円奪われた…中2の悪夢

恐喝されて「お金」をとられる。そんな恐怖の経験は二度としたくありません!カツアゲされた恐怖を知ってほしいです。

この記事を読む
【絶望】登校途中に見た!『失恋の残酷すぎる現場』

一番見たく光景が・・・僕の目の前に。「あの子が僕のことなんて好きになるわけない」そう諦めていた。でも誰の彼女になって欲しくないんだ。そう心の中で叫んだ、ほろ苦い思い出。

この記事を読む
【事件】『給食の食缶』をこぼした悲運なクラスの絶望

【給食の思い出】 みんなと食べるご飯は美味しいものですね。学校ではそれが当たり前だったが、オトナになると、それが二度と味わえなくなる。給食の時間にどんなことがあったのか?一緒に思い出してみませんか?

この記事を読む
【制度疲労】学校というシステムが限界だと思う理由

なぜ学校に苦しめられる人が多いのでしょうか?多くの人がスルーしている『大問題』について書きました。

この記事を読む