僕が株に手を出したのは
20代後半の頃だったと思う。

最初は株主優待が目当てだった。
大きく儲けようとは考えていなかった。

僕がファッションに
目覚めるキッカケを作ってくれた
お店の株を300万円分買った。

優待をゲットできる権利を得たら
直ちに売却しようと考えていた。

とんでもない怖!

買った瞬間下がった!

その商品(株)は見えない。

手元にないのに
損失が生じている!!!

PC画面の株価ボードから
目が離せなくてなってしまったのだ。

めちゃくちゃ怖くなった。

数日後、株価上昇。
数万円の含み益が生じていた。

優待の権利を
得る前に売却してしまった。

何もしていないのに
プレステが買える程儲かった!

少し下がったところで
また300万円分購入し
株主優待の権利を得て売却した。

数万円の利益+商品券がゲットできた!

これで辞めれば良かったのだ。

でも・・・


僕は投資の沼にハマってしまった。

株はるのが難しい!

株式投資を続けてしまった。

投資の情報誌・TV番組を見て
銘柄を選定する。

そして
5%の下落で損切り
10%の上昇で利益確定

そう売却のルールを決めた。

そのはずだったが・・・

には勝てない・・・

最初の頃は慎重だった。

5%下落したら
自動的に売却するに設定していた。

でも・・・

売却された後
株価が上昇することが多く

損切り設定しなれば良かった・・

そう思うようになってしまうのだ。

では勝ちパターンである
10%上昇の場合はどうなのか?

もっと上がるはずだ!!!!

そう思って売却できない・・・

やがて
株価は下落に転じる。

そして
損切りラインまで下落する。


そろそろ上がるはずだ!!!

そう思って売却できない。

そして
株価は下落し続ける。

どうしようもなくなり
仕方なく売却。

すると株価上昇し始める。

その繰り返し。

ンピンに手を出した!

ナンピン買いは良くない。

そう言われることが多い。

でも僕は・・・

ある日
投資情報番組で
オススメ株式銘柄が紹介されていた。

もう買いたくてたまらなくなる。
買う度に損失が増えているのに。

プロの評論家が
言うのだから間違いない!!!

そう思ってしまうのだ。

確か1株2000円位だったと思う。
それを100万円分(500株)購入。

でも・・・と言うか。案の定(笑)

株価は下がり始めた。

とうとう
1000円になってしまった。

普通であれば
売却するのが遅すぎるタイミング。

でも僕は・・・・

買い時だ!!!!

そう思ってしまったのだ。

また50万円分(500株)を購入。

この行動をナンピン買いと言う。

平均取得単価を
2000円から1500円に下げられた。

株価が1500円以上になれば
利益が出ることになる。

でも
株価は下落トレンドに入っているのだから
1000円から1500円になる可能性は
低いはずなのに・・・

絶対に上がるはずだ!!
だってプロお墨付きの銘柄なんだから。


根拠はそれしかないのに
僕は思考はがっちりと固定されていた。

どんどん下落。

やがて感覚が麻痺し始める。

もうどうでもいいや!!!と放置。

いわゆる塩漬け状態である。

株価が150円になったところで
ようやく売却。

150万円が
15万円になってしまったのだ。

やがて、この会社は倒産した・・・

用取引に手を出した!

久しぶりに投資を再開した。

これまでは
買いでしか勝負してこなかった。

株価が上昇しないと
利益を出すことができない。

でも
信用取引を始めると
売りからスタートすることができる。

例えば
ある株式を1株100円で売る。
その株価が50円になったら買い戻す。
すると1株あたり50円の利益になるのだ!

これだと
株価下落局面でも
儲けることができるのだ。

しかし恐ろしいリスクもある。

例えば1株100円の株式。

買いでスタートすれば
たとえ株価が0円になっても
その損失は100円(1株の場合)。

でも
売りでスタートした場合
株価が上昇し続ければ損失は
どんどん増えていくのだ。

僕が開設していた
証券会社の口座には
まだ50万円が残っていた。

また勝負してしまった。

最初は面白いように買った。
資金は100万円にまで増えた。

でも・・・案の定(笑)

口座残高は10万円になっていた。

FXに手を出した!

たまたま
株式情報番組を見てしまった。

FX取引のことが紹介されていた。

ある国の金利は20%を超えている。

FX取引は
スワップポイントという利息を
毎日受け取ることができる。

※買いでスタートした場合

その額に僕はビックリした!!!

例えば
その国の通貨を
2000万円分買ったとする。

利息は1年で400万円!
金利(年利)を20%とすると。

すると
1日あたり
約1万円の利息がもらえるのだ。

働かなくても1万円!!!!

しかも
レバレッジを掛けられるので
手持ちの資金以上のお金を運用できる。

例えば
レバレッジ10倍ならば
200万円の資金で2000万円の
FX取引をすることができる。


もちろん
大きなリスクもある。
為替レートは変動するのだ。

1通貨20円
100万通貨購入した場合。

1通貨19円になれば
100万円の損失になってしまう。

その逆もある。

その通貨が上昇すれば
為替差益+スワップポイント(利息)
得られる可能性があるのだ。

僕はもちろん後者に掛けた。

結論から言うと

・・・・・勝った。

200万円も利益を出すことができた。

投資人生で最大の勝利である。


でも満足できなかった。

あの時売っていれば
もっと儲かったはずなのに・・・

その悔の原因

この取引での含み益は
最高280万円まで膨れ上がった。

その後
僕が保有していた
通貨の下落が始まった。

だから
200万円で利益を確定したのだ。

その後もズルズルと下がり続けた。

どんどん下がれ~~~

そう強く念じていた。
売って良かったと満足できた。
この時は・・・

ただ
280万円の時に売っておけば
そんな後悔もくすぶっている。


やがて通貨が上昇し始める。

そして保有し続けていれば
含み益が200万円を大きく超える
ところまで戻してしまった。

やっぱり
売らなければ良かった・・・


そう激しく後悔するのだ。

欲というものは本当に怖い。

その通貨は
現在1通貨15円まで下落している。

僕は19円で購入していたので
やはり売却して正解だったのだ。

ロナ・ショック

なぜか株式市場が
暴落する日が近いと感じていた。

コロナ問題である。

それほど大きな問題に
なっていない頃の話である。

これも根拠のない勘。

僕は懲りない男なのだ(笑)。

不思議なことに

その翌日
日経平均株価が大きく下落。

これは動くしかない!

日経ダブルインバースという
上場投資信託を50万円分購入した。

日経平均株価に連動し
それが下落するほど利益が出る
投資信託であった。

その後日経平均株価は
暴落し約16000円になった。

含み益は30万円を超えた。

僕は有頂天になった。

まだまだ
下落すると強く強く信じていた。

ーマンショックの再来を

リーマンショックのように
日経平均株価は1万円を切ると思った。


でも・・・

その後
想定外のことが起こる。

日経平均株価は急回復したのだ。

上がる要素なんてないのに・・・
なぜだ!なぜだ!!なぜだ!!!

これはバブルだ!!!
いつか暴落するはずだ!!!


いつまで経っても
その時は訪れなかった。

たまに大きく下落する。

よっしゃー バブル崩壊だ~~~

でも
あっという間に上昇に転じ

株価は2万円を回復。

さすがにこれ以上はないだろう…

根拠はない。
そう信じるしかなかった。

また僕の思考は見事に固定された。

やがて
バブル崩壊後の最高値更新。

そして株価は3万円を超えた。

僕はようやく負けを受け入れた。

いつちが確定するの?

FX取引で300万以上損失を
出したことのある知人にこう質問された。

「投資で勝ちが
 確定するのはいつか分かる?」


「売って利益を確定した時でしょ!」

「違うね。
 儲けたお金を使い切った時だよ!」


その言葉が今となっては身に染みる。

けてどうするの?

例えば3億円儲かったとする。

では、そのお金をどう使うのか?

考えたことがなかった。

多分、僕は3億円あっても
もっと増やしたいと思ってしまうだろう。

何が投資のゴールがなのか?

そんなことを考えてしまった。

クオカード1000円分を
持っていたら早く使い切ろうとする。

使わないともったいない気がするのだ。

じゃあ
なぜお金は貯めたいと思ってしまうの?

将来の不安??ステータスのため???

使い切れずに死んでしまうのも
よく考えたらもったいない。

お金は価値は永遠ではない

政府によって
その価値を変えられてしまう
危険性もある。

投資でお金を増やすことに
何の意味があるのかな?


急にそんな考えが思い浮かんだ。


でもね・・・

僕はまた購入してしまったんだ。
残った20万円で。

日経平均株価が
上昇するほど利益を出る
日経平均レバレッジという
上場投資信託を。

欲って
本当に本当に怖いものですね・・・

作:帰ってきた兼好法師

併せて読んでもらえると嬉しいです!

きっと驚愕する!

Aさんの連帯保証人。Aさんが借金を返せなくなったら、それを肩代わりする。そう思っていませんか?実はそんな甘いものではないです!

関連記事

「実家は敷居が高いんだよね」は正しい表現になる場合がある

辞書に載っている意味に驚くことは間違いなし?「穿った見方」についても解説しています。

この記事を読む
【意外な事実】日本は世界有数の豪雪地帯なんです!

四択クイズに挑戦しませんか?

この記事を読む
ダイエットが失敗するたった1つの理由

ダイエット器具を片付けるな!

この記事を読む
【運命と感情の関連性】人生に分岐点なんてない!僕がそう考える理由

「運命」とは何か?を考える

この記事を読む
結婚式での「手紙」に異議アリ!  

感動の押しつけ?

この記事を読む
「許す」とはどういうこと?記憶と感情について

ヒトは永遠に許すことができない

この記事を読む